技術士受験に関するブログ

技術士受験に関するブログです。

【アンケート 総監】得点分布(R2年度以前も含んでいます)

技術士試験に関わる個人情報の開示請求」によって、自分得点が正確にわかるようになったので、再度アンケート調査をしてみたいと思います。

※R2年度以前も結果もアンケート入力できるようになっています。

 

※受験番号など未記入で失格となった場合を除いで、合否に関わらずアンケート入力してください。

 

1.アンケート入力部 【「個人情報の開示請求」で点数を確認済みの方

総合技術監理部門の【筆記試験】得点分布のアンケート調査

 

2.アンケート結果

※今のところ、手動集計中です。

緑色領域:筆記合格

黄色領域:筆記不合格

f:id:tulipian:20211010002221p:plain

アンケート回答いただいた人の内筆記合格者の得点(%)の内、最高、最低は、下記の通りです。

・択一式問題:最高77.5%、最低50.0%

・記述式問題:最高78.0%、最低50.0%

 

3.アンケートの目的

 想定している得点分布として、記述式問題は60点近くに張り付いていて、高得点はない。

この為、択一式問題も60点以上とらないと、筆記試験合格とならない。

 

4.結論(アンケート総数が少ないので、傾向程度の参考に留めてください。)

・択一式問題で、60点以上とれていない場合は、筆記試験合格の可能性は低い。

・口頭試験の準備よりも、来年度に向けて、択一式問題の学習を続けた方がいいと考えます。特に、自己採点で、得点が低かった不得意管理に重点をおいた学習をおすすめします。

・記述式対策で論文添削よりも、択一式問題で過去問の出題形式を意識した総監キーワード学習が有効。

 

5.「技術士試験に関わる個人情報の開示請求」は、詳しくは、日本技術士会のホームページを見てください。

本年度分の請求は、口頭試験の合格発表日以降でないと、受付されません。

筆記試験不合格であっても、同様です。

 

尚、令和2年度(2020)の開示請求の処理は、2021年6月18日(金)、つまり追試験合格日の日付で処理されて、発送されています。

 

(作成:2020年5月2日、最終更新日 時分:2021年10月10日 0時20分)